やましログ

日々の学びや、感じたことなどを発信していくブログです。

歩くことで起こるメリット7選

こんにちは、やましろうです。

 

普段、みなさんはどれくらい歩いていますか?

 

今の世の中、ネットや車など便利なものがありすぎて、運動不足になりがちな人が多いかと思います。

 

歩くことは気軽にできて、ほどよい運動にもなり、メリットもたくさんあります。

そこで、どんなメリットがあるのかを紹介したいと思います。 

 

 

 

 

歩くことで起こるメリット

 

1、 気分転換やストレス発散になる

歩くことで、別名「幸せホルモン」と呼ばれる「セロトニン」が分泌されるといわれています。

「セロトニン」が分泌されることで気持ちが落ち着き、ストレス発散や気分展開につながります。

ストレスがたまったりモヤモヤしたときは、歩いてみるのがおすすめです。

 

 

2、 頭がスッキリする

歩くことで脳への血流がよくなり脳が活性化します。

そうすることにより、頭の回転がよくなり、頭の中が整理されてスッキリします。

何かにいきづまったり、考えごとがあるときは、一度外に出て散歩してみるといいです。

 

 

3、生活習慣病の予防になる

歩くことは糖質や脂肪を燃焼するため、肥満の予防や、運動不足からくる生活習慣病の予防にもなります。

歩くことは気軽にできるので、ふだん運動をしない人や苦手な人は、1日15分からでも歩いてみるといいと思います。

 

 

4、 痩せやすくなる

歩くことで皮下脂肪や、内臓脂肪を燃やして痩せることができます。

基礎代謝もあがるので、歩くことが習慣になると、太りにくく痩せやすい体になります。

 

 

5、 骨がじょうぶになる

歩くことで、骨に適度の負荷がかかり、骨がじょうぶになります。

さらに、太陽の光を浴びることにより、カルシウムの吸収を高めるビタミンDの働きがよくなります。

そうすることにより、骨粗しょう症の予防にもなります。

 

 

6、 新しい発見や、アイデアがわく

歩くことで、ふだんは気づかないことに気づいたり、新しい発見があったりします。

風景やお店、いろいろな人などをみて、そこから面白い発見があったり、アイデアがわいたりもします。

とくに知らない場所や、自然がある場所は新しい発見があっていい刺激にもなります。

 

 

7、 免疫力があがる

免疫力をあげる方法の一つとして、適度な運動がいいといわれています。

歩くことで体温があがり、血行がよくなるため免疫力の向上につながります。

カゼをひきやすかったり、免疫力をあげたい人は、歩くことを習慣にするといいです。

 

 

まとめ

歩くことは病気の予防にもなり、ストレス発散や気分転換など、たくさんのメリットがあります。

今の世の中、ネットや車など、便利になりすぎて運動不足になりがちな人が多いかと思います。

歩くことは気軽にできるので、運動不足が気になる方や、ストレスがたまってる方など、1日15分でも歩いてみることをおすすめします。

 

最後までみてくださり、ありがとうございました。