やましログ

日々の学びや、感じたことなどを発信していくブログです。

「一瞬でできる! 頭の整理力」を読んで

f:id:hateyamakun:20210717165517j:plain

こんにちは、やましろうです。

 

「頭の整理」ができていると、すぐに「決断」できたり、「行動」することができます。

「一瞬でできる!頭の整理力」を読んで、頭を整理する方法がわかりやすく、すぐに実践できることばかりだったので、いくつか紹介したいと思います。

 

 

 

 

 

 

はじめに

「整理力」とは、「判断力」であり「決断力」でもあります。

必要な情報を、必要に応じて引き出し「どうすればいいか」をすぐに判断できるようにしておくことが大切です。

こうした考え方ができるようになると、何をするにも時間を効率的につかうことができます。

 

 

モノの整理より「頭の整理」を考える

モノの整理も大切ですが、頭の整理も同じくらい大切です。

頭を整理すれば、心も整理され、勉強や仕事に集中することができます。

「ふだん余計なことをしていないか」、「頭の中の情報をすぐに取り出せているか」など、自問自答してみることで、頭を整理することができます。

 

 

頭の整理は「優先順位」をつけることから始まる

「頭の整理」の基本は、常にものごとに「優先順位」をつけていくことです。

優先順位が複数あっても、そのなかでもとくに優先順位が高いものを優先します。

そのために必要なルールとして

  • やるべきことを箇条書きにし、優先順位をハッキリさせておくこと。

そしてそれを具体化する方法が

  • 何が終わり(☑)、なにがまだなのか(☐)が、ひと目でわかる「チェックボックス」を利用することです。

 

日頃から優先順位を意識することで、余計なミスを減らすことができ、時間を有効につかうことができます。

 

 

情報整理の三種の神器

 「箇条書き」「チェックボックス」「三色ボールペン」をつかうことで、言い忘れや、やり残しをふせぐことができます。

  • 「箇条書き」

まず、自分がやるべきこと、話そうと思っていることについては、書き出しておくのが基本です。「箇条書き」にして書き出すことで、大切なことを整理できたり、把握することができます。

 

  • 「チェックボックス」

箇条書きにした項目に「チェックボックス」をつけて、実行するごとに(☑)を入れていきます。そうすることで、それをこなそうと意識することができ、行動することができます。

 

  • 「三色ボールペン」

「三色ボールペン」を使って、とくに大事な点を赤字にしたり、赤線を引いておくなどすれば効果的です。

ほかにも、青色や緑色など、自分のわかりやすいように「色分け」することで、見やすくなり、「情報の処理」や、「頭の整理」をすることができます。

 

 

インプットにもアウトプットにも役立つ「メモ」

メモは、「記憶」「整理」「発言」の3つに役立ちます。「思いついたこと」などがあれば、すぐにメモをすることで、頭の中を整理することができ、記憶にも残りやすくなります。

会議や何人かで話しているときに、「このことを言いたい」という考えが浮かんだときもメモをとることで、言い忘れや、自分が発言するときに役立ちます。

 

 

ノートは、読み返すときよりも、まとめている段階が勝負

ノートは、見直すときよりも、まとめる段階で力になります。

アウトプットを前提にノートをとると、自分で理解しやすいようにまとめたりして、頭の中を整理したり、記憶力を高めることができます。

 

 

情報を整理することで悩みも解決

何か悩みがあったり、失敗してしまったときなどに、ノートに書き出してみることで、原因を見える化して、知ることができます。

そうすることで、自分の考えが整理でき、悩みを解決できたり、失敗を繰り返さないようにすることができます。

 

 

知識を自分のものにするためのアウトプット

インプットばかりしていると、せっかくの知識を無駄にしてしまいます。

得た知識や情報は、アウトプットすることで自分のものになり、記憶にも残ります。

  • 学んだことは即アウトプットする
  • できれば人に話すなどしてコミニュケーションに使う

このことを意識することで、得た知識や情報を自分のものにし、必要なときにアウトプットができるようになります。

 

 

おわりに

 「頭の整理」ができていると、すぐに「決断」できたり、「行動」することができます。そのためには、日頃からメモをしたり、アウトプットしたりすることが大切になります。

そうすることで、仕事や勉強などを効率的にすることができ、私生活にも活かすことができます。

 

最後まで見ていただき、ありがとうございました。

 

 

 

 あわせて読みたい記事

yamashirogu.com