やましログ

日々の学びや、感じたことなどを発信していくブログです。

【書評&要約】学びを結果に変えるアウトプット大全を読んで

f:id:hateyamakun:20210513205329j:plain

こんにちわ、やましろうです。

 

みなさんは日頃どれくらいアウトプットをしていますか?

何か結果を出すにはアウトプットをすることが必要になります。しかし、間違ったアウトプットや、インプットばかりしてるといつまでたっても結果はでません。むしろゴールから遠のいてしまいます。

 

「学びを結果に変えるアウトプット大全」の本には、正しいアウトプットのやり方、メリットなどが書いていて、とても参考になったので、そのなかでもとくに心に残ったところをいくつか紹介したいと思います。

 

この本を読むことで次のことがわかります。

  • アウトプットについての基本や法則
  • アウトプットのメリット
  • アウトプットの正しい方法

 

 正しいアウトプットの方法を知り、学びを結果に変えていきましょう。

 

 

 

 

 

はじめに

アウトプットについてかるく説明すると、脳の中に入ってきた情報を脳の中で処理し、外界に出力することをアウトプットといいます。

例えば、話す、書く、行動するなどがそれにあたります。

 

その逆にインプットという言葉もあるのですが、インプットとは脳の中に情報を入れること、入力することをいいます。

例えば、読む、聞くなどがそれにあたります。

 

なので、インプットばかりしてても脳内世界が変化するだけで、現実世界をかえたいならアウトプットをすることが大切になってきます。

 

アウトプットの基本法則4つ

 

2週間に3回使った情報は長期記憶される

 

人間の脳は、「重要な情報」を長期記憶として残し、「重要でない情報」は忘れるようにつくられています。

 

「重要な情報」とは、インプットしたあとに何度も「使われる情報」のことです。

 

なので、インプットしても、その情報を何度も使わないとすぐに忘れてしまいます。

 

だいたいの目安として、情報の入力から2週間で3回以上アウトプットすると、長期記憶として残りやすくなります。

 

 

出力と入力のサイクルを繰り返す

 

インプットとアウトプットはセットで考えるといいです。

インプットしてアウトプットする、アウトプットしたらインプットする。

そうやって、インプットとアウトプットを繰り返すことでどんどん自己成長することができます。

 

 

インプットとアウトプットの黄金比は3:7

 

大学生を対象に、勉強時間のうち「インプット」と「アウトプット」をそれぞれどのように時間配分して勉強しているかを調べた研究によると、インプット対アウトプットの平均的な比率は7対3みたいです。

 

多くの人は、インプットが多すぎてアウトプットが不足しています。

 

なのでインプットとアウトプットの黄金比率3対7を意識して今の2倍アウトプットするようにしましょう。

 

 

アウトプットの結果を見直し次にいかす

 

インプットもアウトプットもただやればいいとゆうわけではなく、フィードバックを意識することで行動が方向修正され、前の自分よりも成長することができます。

 

フィードバックとは、アウトプットしたことを見直したり、反省、改善したりすることを言います。

 

インプットとアウトプットの間にフィードバックを入れることで、同じことを繰り返すことなく成長していくことができます。

 

 

アウトプットの6つのメリット

 

1、記憶に残る

人は、インプットされただけの情報は忘れてしまいます。アウトプットをすることで、脳はそれを「使われた情報」「重要な情報」と判断し、記憶に残ります。

 

2、行動がかわる

アウトプットとは、話す、書く、行動することなので、アウトプットすることにより行動が変わります。さらにフィードバックをすることで、いい方向へ行動することができます。

 

3、現実がかわる

自分の行動が変わると、周囲の人たちにも影響があらわれて、現実が変わります。なので現実をかえるにはアウトプットすることが大切になります。

 

4、自己成長する

インプット、アウトプット、フィードバックを繰り返すことで、自己成長をしていくことができます。

 

5、楽しい

アウトプットをしていくと楽しくなります。さらに人から評価されることで、モチベーションも上がりもっと楽しくなります。

 

6、圧倒的な結果がでる

インプット、アウトプットを続けていくと、自己成長が進み、現実がどんどんいい方向に変化していきます。さまざまなポジティブな結果が起こり、人生がいい方向に動きだします。

 

アウトプットの方法

 

1、話す

話すことは、気軽にすぐできるのでオススメです。

友人や家族、同僚など、自分の読んだ本のこと、聞いたこと、体験したことを話してみるといいです。

 

感想を話すだけで、脳は活性化し、記憶の増強、定着にも大きく貢献します。

 

2、書く

書くことで、注意がそこに集まり、脳が活性化します。

 

そうすることで、記憶力や学習能力が高まります。

 

なので、「重要だ!」「記憶に残したい!」「もっと知りたい!」と思えることがあれば書いて覚えるのはオススメです。

 

ノートパソコンやタブレットで入力して覚えるよりも、手書きで書いて覚えた方が、より長い時間にわたり記憶が定着し、新しいアイデアなどが思いつきやすいみたいです。

 

3、行動する

自己成長をしていくには行動することが最も大切になってきます。

 

読書や勉強をしていても「行動する」ところまでいけなければ「自己満足」で終わってしまいます。

 

4、教える

著者の樺沢紫苑氏は「最強のアウトプット法は教えることだ」と言っています。

 

アメリカ国立訓練研究所の研究によって導き出された、学習定着率をあらわす「ラーニング・ピラミッド」とゆうものがあります。

 

その研究によると人が何かを学ぶ場合、どれだけ記憶に残りやすいか、定着するのかを方法別に調べたところ、「人の話を聞く」「読む」などいろいろあるなかで、もっとも効果が高いのが「他人に教える」という結果になったみたいです。

 

なので、教えるということは最強のアウトプット術であり、自己成長術でもあります。

 

チャレンジなくして自己成長なし

 

まず、チャレンジのないところに自己成長はありません。

 

新しいことにチャレンジすると、脳内物質・ドーパミンがでます。ドーパミンは「楽しい」という感情を引き起こす幸福物質であり、同時に新しいことを学習することをサポートする学習物質でもあります。

 

ドーパミンが分泌されると、集中力、やる気、記憶力、学習能力が高まります。

 

なので、効率的な学習が行われて、自己成長することができます。

 

あまり難しすぎても、簡単すぎてもダメで、少し難しい、がんばればなんとかなる、ぐらいの目標を決めるのがいいです。

 

そうやってハードルを少しずつ高くしていくことで気づいたら難しいことも乗り越えることができるようになります。

 

 

おわりに

インプットばかりして、なかなかアウトプットができない人、やり方がわからないという人にとって「学びを結果に変えるアウトプット大全」では、わかりやすく細かくアウトプットについて教えてくれています。

 

全部で80の方法があり、他にも7つのトレーニング方法などもあるので、もっと詳しく知りたい方は一度読んでみることをオススメします。

 

 最後まで見ていただきありがとうございました。