やましログ

日々の学びや、感じたことなどを発信していくブログです。

【武器になる読書術】を読んで学んだことー飛ばし&くり返し読み

f:id:hateyamakun:20211016193146j:plain

こんにちは、やましろうです。

 

「本を買ってもなかなか読めない」、「最後まで読んでも内容を忘れてしまう」という方は「武器になる読書術」を読むと、その悩みや問題が解決すると思います。

 

武器になる読書術とは「飛ばし&くり返し読み」をすることです。

この読書術を知ることで、今までよりも「速く」「楽に」「深く」読むことができます。

 

この本を読むと次のことが分かります。

  • 飛ばし&くり返し読みの方法
  • ウィルパワーとワーキングメモリの活用
  • 武器になる読書術で鍛えられる「3つの頭の回転の速さ」

 

 

 

 

 

 

はじめに

f:id:hateyamakun:20211016193244j:plain

武器になる読書術の方法とは「飛ばし&くり返し読み」をすることです。

 

タイトルや見出し、目次なども活用しつつ、ざっくりと「飛ばし読み」しながら、本の中を行ったり来たり「くり返し読み」をする方法です。

 

「飛ばし&くり返し読み」で、全体構造を大雑把につかんでから、だんだんと細かいところに入ると、楽に読めて理解もしやすくなります。

 

この方法は、小説などには向いておらず、ビジネス書や新書、専門書などに適した読み方なんだそうです。

 

 

ウィルパワーとワーキングメモリを使いこなす「武器になる読書術」

f:id:hateyamakun:20211003191505j:plain

本をサクッと読むためには「がんばらないこと」が大切です。

がんばって読もうとするほど負担になるそうです。

 

「ウィルパワー(意思力)」と「ワーキングメモリ(作業記憶)」を使うと集中して、効果的に読むことができます。

 

 

ウィルパワー(意志力)をムダ遣いしない読み方

集中力高く読書を続けるためには、ウィルパワーをできるだけムダ遣いしないことが必要です。

 

ウィルパワーを節約して使うには、2つの方法があります。

 

1つは、「読書に関してウィルパワーを使わないしくみを作ること」

がんばって分かろうとしない、読書のハードルを下げる方法があります。

 

もう1つは、「好き、自発的な興味を活用すること」

興味や関心があると、自然と注意が向き、集中している状態が続きやすいそうです。

 

 

集中のカギはワーキングメモリ(作業記憶)に負荷をかけすぎないこと

f:id:hateyamakun:20211017105156j:plain

ワーキングメモリは「脳のメモ帳」と呼ばれています。

このワーキングメモリを有効活用することで、読書に集中し、記憶や理解を効率的にすることができます。

 

ワーキングメモリに無理をせず、新しい情報や知識、理解や記憶をするには、「飛ばし&くり返し読み」がいいそうです。

 

「飛ばし&くり返し読み」をすることで、ワーキングメモリの容量に余裕を持たせながら、効果的に読むことができます。

 

 

武器になる読書術で鍛えられる「3つの頭の回転の速さ」

f:id:hateyamakun:20211016193225j:plain

著者の宇都出 雅巳(うつで・まさみ)氏は、次の3つのことが速い人は「頭の回転が速い人」だと言っています。

 

1、全体と部分、抽象と具体の行き来が速い

2、記憶から必要な情報、知識を思い出すのが速い

3、異質な情報、知識同士の結びつけが速い

 

頭の回転が速い人は、「全体」「部分」の切り替えや、行き来が速い人なんだそうです。

 

武器になる読書術「飛ばし&くり返し読み」ができるようになると、頭の回転の速さが鍛えられ、仕事や日常生活でも活かせるようになります。

 

 

まとめ

武器になる読書術とは「飛ばし&くり返し読み」をすることです。

 

この読書術ができるようになると、読書以外でも仕事や日常生活でも活かせるようになります。

 

もっと詳しく知りたい方は一度読んでみることをおすすめします。

 

最後まで見ていただき、ありがとうございました。

 

 

 

 

おすすめ関連記事

yamashirogu.com

yamashirogu.com