やましログ

日々の学びや、感じたことなどを発信していくブログです。

読書をすることのメリットとオススメの読み方

みなさんこんにちわ、やましろうです。

 

私は読書をするようになって5年ほどがたちます。読書をすると、物の見方、考え方、生き方までが変わります。私はこの5年間を振り返ってみてそう感じました。

 

そこで読書をすることでどんな効果があるのかを紹介したいと思います。

 

 

 

 

 

読書をすることのメリット

 

 1、視野が広がる

読書をするといろんな世界や、生き方、考え方などを知ることができます。そうすることで、さまざまな角度から物事をみたり、考えたりすることができるようになります。そのほかにもいろんな可能性や、自分のやりたいことに気づくことができます。

 

 2、リラックスできる

読書にはリラックス効果があるといわれています。英サセックス大学の研究によると、静かな場所で6分間読書をすることにより、60%ものストレスが軽減されるとゆう報告がでています。私はカフェでよく本を読むのですが、カフェの雰囲気と音楽でとてもリラックスできてオススメです。

 

 3、集中力がつく

読書をするには集中力を使います。本を読みなれてくると時間を気にせず何時間でも読めるようになってきます。なので読書をすることで自然に集中力もついてきます。

 

 4、想像力がつく

読書をすると文章から風景や人物、物語を想像して読むことになるので、自然と想像力がつきます。小説などがとくに想像力を使って読むことになるのでオススメです。

 

 5、自分で考えることができるようになる

読書をすると頭の中でいろんな対話がおこります。「これはどうゆうことだろう?」とか「これは違うんじゃないか?」などいろんな考えがおこります。そうするとにより自分の頭で考えることができるようになります。

 

 6、新しいヒントやアイデアが得られる

何かに行きづまったりしたときは、本屋や図書館などにいってその分野などの本を読むと、いろんな人のヒントやアイデアが得られると思います。歴史人や成功者など、いろんな人のアイデアや考え方を借りることで自分1人では気づかないことに気づくこともあります。

 

 7、文章力や語彙力がつく

読書をするといろいろな言葉にふれることになります。そうすることで自然に文章力や語彙力が身につきます。そのほかにも、会話の幅もひろがりコミュニケーション能力も上がります。

 

オススメの本の読み方は?

 

 1、スキマ時間に読む

電車や移動中などに読むと、スキマ時間を有効活用できたり、時間がかぎられるので集中して読む事ができます。なのでカバンなどに1冊でも本を入れておけば空いた時間などにサッと読めてオススメです。

 

 2、ノートやメモをとる

読んでる途中でも、読んだあとでも気になることや、思ったことがあればノートやメモをとると、頭の中が整理されていいと思います。私は気になる所があれば折り目をつけて、あとで見返したりしています。

 

 3、いろんなジャンルを読む

自分の好きなジャンルを読むのもいいですが、あえてまったく知らないジャンルを読んでみるのも、新しい発見があったりしてオススメです。好きなことを見つけるいいきっかけになるかも知れません。

 

 4、スマホや、電子ペーパーで読む

紙の本もいいのですが、スマホ電子ペーパーで読むと登録しておけば何冊でも読めたりするので、手元に本がないときはオススメです。私はAmazonKindle Unlimitedに登録して読んでるのですが種類も豊富で無料で読めたりするのもあるのでオススメです。

 

 5、カフェなどで読む

人にもよると思うのですが、カフェで読むと音楽や雰囲気でリラックスできて集中して読むことができます。今は本屋とカフェが一緒になってる所があるのでそうゆう所を利用して読むのもいいと思います。

 

 

まとめ

私は読書をするようになって物の見方や考え方が、ガラリと変わりました。

なので、本を読むことが習慣になると、いろんな発見があったり、頭を使ったりしていいです。

これを見て、読書に興味がある人や、読みたいけどなかなか読むキッカケがない人が少しでも本を読むようになれば嬉しいです。

 

最後まで見てくださりありがとうございました。