やましログ

日々の学びや、感じたことなどを発信していくブログです。

【1分で話せ】を読んだ感想

f:id:hateyamakun:20210720171335j:plain

こんにちは、やましろうです。

 

「人と話すことが苦手」、「プレゼンが苦手」と思っている方は、「1分で話せる」ようになると、話を組み立てたり、伝える力が上がります。

 

「1分で話せ」を読んで、その方法がとても参考になったので、いくつかを紹介したいと思います。

 

 

 

 

 

 

はじめに

「自分が伝えたいことを話せば、人は話を聞いてくれる」というのは、間違いだそうです。

そもそも、「人は相手の話の80%は聞いていない」らしく、そのことを知ることが、まずは大切になります。

 

そんな相手に少しでも伝え、動かすためには、「1分で話せるように話を組み立て、伝えること」これが基本になります。

 

1分で話せるように話を組み立てることができれば、伝える力が格段に上がります。

 

 

伝えるための基本事項

人に何かを伝えるとき、「何のために自分はここにいるのか?」「何のためにプレゼンするのか?」を、明確に意識することが大切になります。

「聞き手を動かすため」には、そのことを意識する必要があります。

 

 

相手は誰か?どんなことに興味があるのか?

「誰に、何を、どうしてもらいたい」ということを意識する必要があります。

とくに、「誰に」伝えるものかを考えながら話を組み立てます。

  • 「どういう立場にいるのか」
  • 「どんなことに興味があるのか」
  • 「どんなことをこのプレゼンに求めているのか」

など、「聞き手をイメージ」して伝える内容をつくります。

 

 

ゴールは何か

「聞き手はどんなイメージか」を考えたあとは、「ゴールは何か」、聞き手が「どこまでやればいいのか」を決めます。

そのために伝える側が、聞き手に、「理解したうえで、どうしてほしい」のかを考える必要があります。

 

プレゼンをする目的は、「相手を動かすこと」であり、「相手が動くために、できることをすべてやりきる」ことです。

 

 

1分で伝える

話には「結論」「根拠」があります。まずは「結論」を話し、そして「根拠」を話すことで、話しを短く相手に伝えることができます。

「結論は何か?」「相手をどこに動かしたいのか?」を明確に決めることが必要になります。

 

 

結論を導き出す

結論を出していくためには、「自分に問いを立ててみる」といいです。

まずは、「根拠」をならべて、「だから何?」と問うてみる。そして、出てきた「答え」に対して「本当か?」と問うてみると結論を導き出すことができます。

 

 

根拠は3つ

結論をいうからには、必ず根拠(理由)があります。

根拠は「3つ」ぐらいに決めると相手に伝わりやすいです。

人に何かを伝えるときには、「結論」を決めて、「理由を3つ」に整理すると分かりやすく、相手に伝えることができます。

 

 

「結論」→「根拠」→「たとえば」の3段ピラミッド

  • ピラミッドの1番上にくるのが「結論」になり、
  • 2段目に「根拠」をあげて、
  • 3段目で「実例」をあげるようにストーリーをつくります。

f:id:hateyamakun:20210722201406j:plain

「実例」をあげるときには、「たとえば」をつかうと、具体的に伝えることができます。

「結論」→「根拠」→「実例」(たとえば)を意識することで、イメージが湧きやすくなり、相手に分かりやすく伝えることができます。

 

 

いかに「相手の立場」に立って話すか

「伝えよう」とするだけではうまくいかず、一方的に伝えても相手は動きません。

「話している自分」「聞いている相手のことを、客観的に見ているもう1人の自分」を意識すると話を伝えやすくなります。

 

相手の立場になり、自分が話している状況や風景をイメージしてみる「相手の気持ちになる」ことで、話が伝わるようになり説得力も上がります。

 

 

おわりに 

「1分で話せる」ようになると、話の組み立てや、伝える力が上がります。

そのためには、「結論」→「根拠」→「実例」の話の流れを意識することが大切になります。

 

「1分で話せ」では、ほかにも実践編や、伝え方のパターンも書いてあるので、もっと詳しく知りたい方は、一度読んでみることをおすすめします。

 

最後まで見ていただき、ありがとうございました。

 

 

 

 

おすすめ関連記事

yamashirogu.com