やましログ

日々の学びや、感じたことなどを発信していくブログです。

【高速仕事術】を読んで学んだこと

f:id:hateyamakun:20211128190503j:plain

こんにちは、やましろうです。

 

「なかなか仕事が終わらない」、「もっと効率よく仕事がしたい」と思っている方は、「高速仕事術」を読むことで、その問題は解決すると思います。

 

「高速仕事術」とは、

  • 目的を決めて、そこにフォーカス(集中)してやること。
  • そしてアウトプット→インプット→改善を繰り返していくことです。

そうすることで、仕事の効率やスピードが上がります。

 

この本を読むと次のことが分かります。

  • 高速仕事術のやり方
  • 目的を決めてフォーカス(集中)する方法
  • アウトプット→インプット→改善のやり方

 

 

 

 

 

 

はじめに

f:id:hateyamakun:20211128185501j:plain

高速仕事術の方法は、大きく分けると2つあります。

 

1つ目は、

  • 目的を決めて、そこにフォーカス(集中)すること。

 

2つ目は、

  • インプットとアウトプットと改善を、高速で繰り返していくことです。

 

著者の上岡 正明(かみおか・まさき)氏は、高速仕事術での仕事の進め方として、

  • まずはアウトプットをしてみる→問題や課題が生じる→インプットと改善をする→アウトプットをする。

 

この流れが大切だと言っています。

 

初めにインプットからしてしまうと、何が問題か分からなかったり、情報が多くなったりして動けなくなってしまいます。

 

まずはアウトプットをすることで、そこから問題や課題が見つかり、そこで初めてインプットや改善をしていくほうがいいそうです。

 

そうすることで、仕事の効率やスピードが上がります。

 

 

高速仕事術を読んで学んだこと

f:id:hateyamakun:20211128185524j:plain

「高速仕事術」を読んで、すぐにできて印象的だったことが3つありました。

  1. 合言葉は5秒ルール
  2. 選択肢は3つ
  3. 高速タイムアタック

 

とういうことか簡単に紹介したいと思います。

 

 

合言葉は5秒ルール

f:id:hateyamakun:20211128185543j:plain

「やらなきゃいけないこと」があっても、めんどくさかったり、なかなか行動に移せないときに使えます。

 

やり方は、何か行動しようと思ったときに、すぐさま「5、4、3、2、1」と心の中や、口に出してカウントダウンします。そしてゼロになるまでに行動に起こすという方法です。

 

人間は「行動するから、脳がやる気になる」このことは、脳科学の世界でも明らかになっているそうです。

 

 

選択肢は3つ

f:id:hateyamakun:20211128185600j:plain

人は選択肢が多いいほど、脳に迷いが生じて行動ができなくなります。これは脳のワーキングメモリ(作業記憶)が消費されていくからです。

 

「選択肢」をできるだけ減らすことで、脳に余裕ができ、集中力や行動力が上がります。

何か行動を始めるときに計画を考えるなら、

  • 直感で考えたプランA
  • 理論的に考えたプランB
  • まったく別の切り口で考えたプランC

この3つぐらいで十分なんだそうです。

 

 

高速タイムアタック

f:id:hateyamakun:20211128185809j:plain

人は「制限時間」があると、高い集中力を発揮することができます。

このことは、イギリスの歴史学者シリル・ノースコート・パーキンソンが1958年に「パーキンソンの法則」として伝え、世界に広まりました。

 

パーキンソンの法則は「人は与えられた時間をすべて使おうとする」という法則です。

 

時間を決めてやることで、脳がそこに集中した働き方をすることができます。

 

 

おわりに

「高速仕事術」とは、まずは目的を決めて、そこにフォーカス(集中)すること、そしてアウトプット→インプット→改善を繰り返していくことです。

 

この方法を繰り返していくことで、仕事の効率やスピードも上がります。

 

「高速仕事術」では、ほかにも習慣化するコツや、ノートを使った方法などが書いています。もっと詳しく知りたい方は1度読んでみることをおすすめします。

 

最後まで見ていただき、ありがとうございました。

 

 

 

 

おすすめ関連記事

yamashirogu.com

yamashirogu.com