やましログ

日々の学びや、感じたことなどを発信していくブログです。

【届く! 刺さる!! 売れる!!! キャッチコピーの極意】を読んだ感想

f:id:hateyamakun:20210729175514j:plain

こんにちは、やましろうです。

 

「キャッチコピーに興味がある」、「うまくキャッチコピーを書けるようになりたい」と思ってる方へ、「届く! 刺さる!! 売れる!!! キャッチコピーの極意」を読むことで、言葉のつくり方から、使い方までを詳しく知ることができます。

 

この本を読むことで次のことがわかります。

  • キャッチコピーの役割
  • ターゲットの見つけ方・絞り方
  • キャッチコピーの選び方と使い方

 

 

 

 

 

 

はじめに

キャッチコピーを考えるのに大切なことは、「誰に、何を、どう言うか」です。

  • 「誰に」とは、買ってくれるお客様
  • 「何を」とは、買う理由となるウリ
  • 「どう言うか」とは、キャッチコピーの書き方、表現の仕方です。

 

そのなかでも、とくに大切なところは「誰に、何を」のところです。

  • 「商品を必要としてくれるのは、どんな人なのか」
  • 「その人に伝えるべきメリットや、効果は何なのか」

 

この部分を明確にすることで、相手に伝わるキャッチコピーを書くことができます。

 

 

キャッチコピーには具体的な役割がある

キャッチコピーには次のような役割があります。

①認知してもらう

まずば、認知してもらう。知ってもらう必要があります。

 

②メリットを伝える

お客様にとってどんなメリットや、便利さがあるのか、商品を使うと将来どうなれるのかを伝える。

 

③お客様を絞り込む

ターゲットを絞り込み、呼びかける役割がある。

 

④必要性に気づいてもらう

メリットを知らせて、興味をもってもらう必要があります。

 

⑤買う気になってもらう

買う意思決定をする段階です。お客様の背中を押す役割を担ってます。

 

⑥中身を読んでもらう

キャッチコピーが面白いと、中身を読んでみたいと思わせる役割があります。

 

キャッチコピーの役割を知ることで、キャッチコピーを書いたり、選ぶときに役立ちます。 

 

 

お客様は「悩み、課題、状況」で絞り込む

お客様を絞り込むためには、その人の悩みや課題、置かれた状況を絞り込む必要があります。

  • どんな課題を抱えた人たちに役立つものなのか。
  • どんな状況に置かれた人々に提案するべきものなのか。

 

この悩みに寄り添うことが、見込み客に出会うためには大切です。

  

 

強い言葉があれば「売れる・広がる・記憶される」

記憶されて売れるキャッチコピーには、必ず強い言葉があります。

強い言葉とは、ノイズの立つ言葉、キレのある言葉など、人の感情にひっかかる言葉があります。

 

強い言葉

  • 具体的な数字

根拠のある数字をつかうことで、お客様に明確なイメージをしてもらいやすくなります。数字を使うといっきにリアリティがでます。

 

  • オノマトペ

オノマトペとは、「ドンドン」、「ドキドキ」のような言葉です。

とくに、食べ物や飲み物などでよく見かけます。「サクサク」や「もちもち」、「キンキン」や「ゴクゴク」など、オノマトペを使うと印象に残りやすく、そのシーンが思い浮かびます。

 

 

お客様を動かすコピーを選ぶ7つの視点

次の7つの視点を意識して、キャッチコピーを選ぶと、相手に伝わるキャッチコピーが見つかります。

 

1,買う理由が生まれるか

「それなら欲しい!」と言ってもらえるか。

 

2,主張が伝わるか

何も知らない知人に見せて、意味が伝わるか。

 

3,具体的か

なんとなくよいイメージではなく、具体的にする。

 

4,個性的で記憶に残るか

差別化できているか、インパクトはあるか。

 

5,短いか、読みやすいか

クチコミされるには、短いキーワードが必要。

 

6,語感がよいか

読んでいて、リズム感はあるか。

 

7,好感が持てるか

中身と異なる表現や、ウソ、大げさになっていないか。

 

この7つの視点で、キャッチコピーを選ぶことで、相手に伝えるキャッチコピーを見つけることができます。

 

 

おわりに

「キャッチコピーに興味がある」、「うまくキャッチコピーを書けるようになりたい」と思っている方へ、「届く! 刺さる!! 売れる!!! キャッチコピーの極意」を読むことで、言葉のつくり方から、使い方まで知ることができます。

 

例えをまじえながら説明してくれたり、すごい細かいところまで書いていて、とても参考になります。もっと詳しく知りたい方は一度読んでみることをおすすめします。

 

最後まで見ていただき、ありがとうございました。

 

 

 
 
おすすめ関連記事