やましログ

日々の学びや、感じたことなどを発信していくブログです。

【何もしない習慣】を読んだ感想ー疲れないように休むことー

f:id:hateyamakun:20211103185410j:plain

こんにちは、やましろうです。

 

「なかなか疲れが取れない」という方は、普段の習慣を見直し、変えることで、その問題が解決すると思います。

 

「何もしない習慣」を読んで、「疲れたから休むのではなく、疲れないように休む」ということの大切さを知りました。

 

疲れないように休むためには、「普段の生活を見える化」し、「自分のトリセツを作ること」、そして「意識的に休むこと」が必要になります。

 

この本を読むことで次のことがわかります。

  • 疲れの原因
  • 自分のトリセツの作り方
  • 疲れないように休む習慣

 

 

 

 

 

 

はじめに

f:id:hateyamakun:20211103185435j:plain

「何もしない習慣」では、疲れている人のほとんどは、「し過ぎ」で疲れてると言っています。

 

働き過ぎや、頑張り過ぎ、食べ過ぎ、スマホやテレビの見過ぎなどの「し過ぎ」が疲れの原因になるみたいです。

 

そこで、「何もしない習慣」や、「疲れないように休むこと」で疲れを回復することができます。

 

そのためには、「まず自分を知り、自分の状態に気づくこと」が大切です。

 

 

「何もしない習慣」を読んだ感想

f:id:hateyamakun:20211103185454j:plain

「何もしない習慣」を読んで印象的だったのは、「疲れたから休むのではなく、疲れないように休む」ということです。

 

疲れないように休むためには、まずは「自分の生活を見える化し」、「自分のトリセツを作り」、「意識的に休むこと」が大切になります。

 

「自分の生活の見える化」とは、今の自分の状態を知るために、1日の食事や睡眠、仕事などの「時間」と「内容」を記録していきます。

 

そうすることで、自分の疲れの原因を知ることができます。

 

そして、普段自分がして疲れることや、リラックスできることなどをリスト化し、自分のトリセツを作ることで、それを基準に疲れないように休むことができます。

 

 

何もしない習慣を読んでやること3つ

f:id:hateyamakun:20211103185644j:plain

何もしない習慣を読んでやろうと思うことが3つありました。

  • 「充電リスト」を使って自分軸で生きる
  • 夕食を制する者がすべてを制する
  • 「自分に問いかける」習慣をもつ

 

どういうことか簡単に紹介します。

 

 

「充電リスト」を使って自分軸で生きる

「充電リスト」とは、日々の楽しかったことや、テンションが上がったことなど、自分が回復できるリストのことです。

 

この充電リストを作ることで、「他人軸」ではなく「自分軸」で時間を過ごすことができます。

 

 

夕食を制する者がすべてを制する

f:id:hateyamakun:20211103185713j:plain

寝る直前に食事をしたり、食べすぎたりすると、睡眠の質が下がり、次の日も疲れた状態で1日を過ごすことになります。

 

なので朝、昼、夕の3食のなかでも、とくに夕食を意識して食べることで、朝スッキリ起きれてしっかりと朝食を取ることができます。

 

夕食は20時までに終わらせるだけでも、効果が高まるそうです。

 

 

自分に「問いかける」習慣をもつ

夕食後ひといきついたタイミングで、「今夜寝るまでのあいだ何をすると気持ちよく眠れそう?」と自分に問うといいそうです。

 

この問いに対してスムーズにアイデアが出せるようになると、その日の疲れをその日のうちに解消でき、いい睡眠を取ることができるみたいです。

 

 

まとめ

「なかなか疲れが取れない」という方は、普段の習慣を見直して変えることで、その問題が解決すると思います。

 

そのためには、「普段の生活を見える化」し、「自分のトリセツを作ること」、そして「意識的に休むこと」が大切になります。

 

「何もしない習慣」や、「疲れないように休むこと」で、疲れない生活を送ることができると思います。

 

最後まで見ていただき、ありがとうございました。

 

 

 

 

おすすめ関連記事

yamashirogu.com

yamashirogu.com