やましログ

日々の学びや、感じたことなどを発信していくブログです。

【ロジカルシンキングの技術】を読んで学んだこと

f:id:hateyamakun:20220102114039j:plain

こんにちは、やましろうです。

 

ロジカルシンキングを身につけることで、考える力、書く力、話す力が上がります。

 

「ロジカルシンキングの技術」では、論理的な考え方や、仕事に生かす方法、相手に伝わりやすく説明する方法などを知ることができます。

 

この本を読むことで、次のことが分かります。

  • ロジカルシンキングについて
  • ロジカルシンキングを生かした仕事術や発想術
  • 相手をロジカルに説得する技術

 

 

 

 

 

 

はじめに

f:id:hateyamakun:20211103192205j:plain

ロジカルシンキングとは、

  • ロジカル=論理的
  • シンキング=思考

で「論理思考」とも言われています。

 

「論理的」とは、結論までの道筋が明確で矛盾がないことらしいです。

 

この論理思考を身につけることで、考える力や、書く力、話す力をを上げることができます。

 

「ロジカルシンキングの技術」では、論理的な考え方や、仕事に生かす方法、相手に伝わりやすく説明する方法などを知ることができます。

 

 

ロジカルシンキングの技術を読んで学んだこと

f:id:hateyamakun:20220102114130j:plain

この本を読んで学んだことは、3つありました。

  1. 「なぜ?」と問いかける習慣を持つ
  2. 目的達成のために優先順位をつける
  3. 「発散ー収束」で考える

 

どういうことか簡単に紹介したいと思います。

 

 

1、「なぜ?」と問いかける習慣を持つ

f:id:hateyamakun:20220102113019j:plain

「なぜ?」と問いかける習慣をもつことで、自分の頭で考えたり、さまざまなことに興味や探究心を持ち視野が広がります。

 

人の言うことや、テレビの情報など疑問に思ったことは、「なぜ?」と問いかけて自分で考えたり、調べたりすることで論理思考が身につきます。

 

 

2、目的達成のために優先順位をつける

f:id:hateyamakun:20220102113616j:plain

目的を達成するためには「選択」「配分」「時間」で優先順位をつけるといいそうです。

  • 「選択」とは、やることを決めて、同時にやらないことを決めます。
  • 「配分」とは、限られた経営資源(ヒト、モノ、カネ、情報)をどのように配分するかを決めます。
  • 「時間」とは、急ぐのか、急がないのかなど緊急性の優先順位をつけます。

 

優先順位をつけたら、集中力を高めて深く探索するといいそうです。

 

 

3、「発散ー収束」で考える

f:id:hateyamakun:20220102113529j:plain

「発散ー収束」で考えることで、視野を広げてよりよい解決策を見つけることができます。

  • 「発散」とは、多くのアイデアや情報収集を行うことです。
  • 「収束」とは、集めた情報を整理して、そこから優先順位をつけて絞っていくことです。

 

この「発散ー収束」で考えることで、今ある問題などの解決策を見つけることができます。

 

 

2つの習慣で、論理的な頭に変わる

f:id:hateyamakun:20220102114153j:plain

次の2つの習慣を意識することで、頭の中を整理することができ、論理的な思考を身につけることができます。

  1. 番号をつける習慣
  2. 情報を箇条書きで整理する

 

この2つの習慣を意識することで、思考や記憶を整理でき、論理思考を鍛えることができます。

 

 

おわりに

ロジカルシンキングを身につけることで、考える力、書く力、話す力が上がります。

 

1番印象的だったのは、普段から「なぜ?」と問う習慣を持ち、自分の頭で考えるということです。

 

普段から「なぜ?」「だからどうした?」などで考えたり、人に説明することで、仕事やプライベートでも生かすことができると思います。

 

最後まで見ていただき、ありがとうございました。

 

 

 

 

おすすめ関連記事

yamashirogu.com

yamashirogu.com