やましログ

日々の学びや、感じたことなどを発信していくブログです。

【戦略読書】を読んだ感想ー何を、いつ、どう読むかー

f:id:hateyamakun:20211031193001j:plain

こんにちは、やましろうです。

 

「戦略読書」を読むことで、効率的に読書をする方法や、読書を日常に活かす方法を知ることができます。

 

その方法とは、「何を」「いつ」「どう読むか」です。その具体的なやり方を知ることで、効率よく戦略的に読書をすることができます。

 

この本を読むと次のことがわかります。

  • 読書ポートフォリオの作り方
  • 効率よく読書をする方法
  • 5つの視点で読む方法

 

 

 

 

 

 

はじめに

f:id:hateyamakun:20211017105347j:plain

「戦略読書」では、戦略的に読書をすることのメリットや、その方法を知ることができます。

 

そのためには、「何を」「いつ」「どう読むか」が大切になります。

 

具体的な方法としては、自分の状況を知り、読書ポートフォリオを作って、さまざまな読み方や視点で読むことです。

 

そうすることで、時間配分ができて効率よく読書ができます。

 

 

読書ポートフォリオで何を読むのか時間配分する

f:id:hateyamakun:20210912175646j:plain

読書ポートフォリオは読む本を4つに分類して分けます。

  • 縦軸は、【ビジネス系】(今の仕事)の本か、【非ビジネス系】(趣味や将来の仕事)の本に分けます。
  • 横軸は、【基礎】か、【応用、新奇】に分けます。

 

これを2×2の4マスに分けて、読書ポートフォリオを作ります。

 

読書ポートフォリオはその時の自分に合わせて調整するといいそうです。

そのために必要なことは、

  • 自分の読書状況(何を読むのか、読んでいるのか)を常に意識して把握する。
  • それを自分の成長や、そのときの方向性と合っているか確認しながら調整する。

 

自分の読書状況や、そのときの方向性を意識して確認しながら読むと、今の自分に合った本を見つけることができます。

 

 

読み方を戦略的に変える

f:id:hateyamakun:20210929183357j:plain

読み方を変えるとは、目的によって読書方法を変えていくことです。

その読み方とは、「戦略読書」では4つの方法に分けています。

 

1、粗読み

特定の情報を探すために、キーワード周辺だけを読む。

 

2、斜め読み

全体を把握するために、ざっと読み通す。

 

3、熟読

内容をしっかりと理解するために、精読する。

 

4、重ね読み

座右の書として、何度も繰り返し読む。

 

目的によって、この4つを組み合わせたり、その時の状況に合わせて読むことで、効率的に読書ができます。

 

 

発見型読書法

f:id:hateyamakun:20211017105319j:plain

同じ文章を読んでも、人によっては読み取り方が変わります。

著者の三谷 宏冶(みたに・こうじ)氏はそれを「読め方」と呼んでいます。

読む量や速さではなく、この「読め方」が大きな差に変わるそうです。

 

 

「読め方」は次の5つの視点で読む方法があります。

 

①過去や他業種と「対比」して大局観を持つ

その記事に入りこんでしまう前に、それがどういうものか客観視します。

 

②これまでの当たり前を覆した「反常識」を見つける

それまでの業界常識が覆された部分を発見する。

 

③徹底的に「数字」にこだわる

本や雑誌、ネットなどでいくつか数字を見かけたら、足し算、引き算、割り算くらいはしてみる。

 

④人より「一段深く」まで調べる

なんでも疑問に思ったら、一段深く考え、そして調べる。

 

⑤得たものはちょっと「抽象化」して考える、覚える

抽象化して考えることで、その本質が見えてきます。

 

この5つの視点で読むことで、新しい発見や発想につながり、効果的に読書をすることができます。

 

 

読書から思索、行動へ

f:id:hateyamakun:20210901184023j:plain

読書をしただけじゃ知識は身につかず、そこから自分で考えて、行動につなげることで本当に知識として身につくそうです。

 

なので、読書をした後は、まずは自分の頭で考えて、それを調べたりまとめたりして、書いたり行動しようと思いました。

 

今後は、読書→思索、行動→発信→スキルのサイクルを回すことを意識して、読書をしようと思います。

 

 

まとめ

戦略的に読書をすることで、効率よく学ぶことができます。そのために大切なことは、「何を」「いつ」「どう読むか」です。

 

今の自分の状況を知り、読書ポートフォリオを使って読むことで、自分に合った読書をすることができます。

 

「戦略読書」では、読書ポートフォリオの作り方や、本の読み方、本の紹介などが詳しく書いています。もっと細かく知りたい方は一度読んでみることをオススメします。

 

最後まで見ていただき、ありがとうございました。

 

 

 

 

おすすめ関連記事

yamashirogu.com

yamashirogu.com