やましログ

日々の学びや、感じたことなどを発信していくブログです。

【心理マーケティング100の法則】を読んだ感想ー相手の目線で考えるー

f:id:hateyamakun:20211030184331j:plain

こんにちは、やましろうです。

 

「心理マーケティング100の法則」では、人の心理を知ることでマーケティングやコミュニケーション、ビジネスなどに活かす方法が書いています。

 

心理マーケティングの方法を知ることで、普段の生活や仕事など、さまざまな場面でも使えるようになります。

 

この本を読むと次のことがわかります。

  • 人の心理から見たマーケティング術
  • 人の心理から見たコピー&広告術
  • 人の心理から見たコミュニケーション術

 

 

 

 

 

 

はじめに

「心理マーケティング100の法則」では、人の心理から考えるマーケティング術や、コミュニケーション術などを知ることができます。

 

人の心理を知ることで、普段の生活やビジネス、マーケティングなどにも活かすことができるようになります。

 

 

「心理マーケティング100の法則」を読んだ感想

f:id:hateyamakun:20211030184405j:plain

この本を読んで印象的だったのは3つありました。

  1. 自分の関心事に人は振り向く。
  2. 日本人は偶数よりも奇数を好む。
  3. お客様が買っているのは商品ではなく付加価値。

 

どういうことか簡単に紹介したいと思います。

 

1,自分の関心事に人は振り向く

ビジネスでは、不特定多数の人を相手にするのではなく、性別や年齢、趣味、年収などから販売対象を絞りこむことが重要になります。

 

「ターゲットを絞り込む」ことで、予算や時間などの無駄を少なくすることができ、お客様にも振り向いてもらうことができます。

 

「相手の困ってることや、悩みごとを探して呼びかける」と、相手の関心を引くことができるそうです。

 

 

2,日本人は偶数よりも奇数を好む

f:id:hateyamakun:20211030184429j:plain

2004年に「ほぼ日刊イトイ新聞」で「あなたは偶数が好きですか?奇数が好きですか?」というアンケート調査がありました。

そのアンケート(総回答数5791人)によると

  • 52.8%の人が奇数が好きと回答
  • 年齢が経るほど奇数好きになる傾向がある
  • 女性のほうが奇数好き
  • 最も好きな数字の上位は「3」「5」「7」

という結果が発表されました。

 

広告やキャッチコピー、商品サービスの特徴などに「3」「5」「7」という数字を結びつけて表現したり、具体的な数字を使うと印象が強くなり効果的になるそうです。

 

 

3,お客様が買っているのは商品ではなく付加価値

商品やサービスには、「商品価値」「評価価値」の2つの価値があります。

  • 「商品価値」とは、その商品が本来持っている本質的な価値のこと。
  • 「評価価値」とは、その商品を取り巻く付加価値によって形成される価値のこと。

お客様の多くは「商品価値」ではなく、「評価価値」に魅力を感じるそうです。

 

「評価価値」を上げる最も簡単な方法は、ネーミングやコピーをよく考えることです。

そのコツとして、興味関心を刺激することは何か深く考えるとが大切になります。

 

 

マーケティングの方法や、コミュニケーション術、プレゼン、セールスなどいろいろなテクニックはあるけど、結局大事なのは、「相手の目線で考える」ことなんだなと思いました。

 

相手の目線や、心理から考えたり物事を見ることができると、マーケティングやコミュニケーションなどもうまくいくと思います。

 

 

まとめ

「心理マーケティング100の法則」を読むことで、人の心理から見たマーケティング術やコミュニケーション術などを知ることができます。

 

この方法を知ることで、普段の生活や仕事にも活かすことができるようになります。

 

最後まで見ていただき、ありがとうございました。

 

 

 

 

おすすめ関連記事

yamashirogu.com

yamashirogu.com