やましログ

日々の学びや、感じたことなどを発信していくブログです。

失業保険を受給中にアルバイトや副業をしても大丈夫なのか?

みなさんこんにちわ、やましろうです。

 

今日は私が失業保険をもらってたときに、疑問におもってた「副業やアルバイトはどこまでが大丈夫なのか?」「どう申告すればいいのか?」について実際にハローワークに聞いたことを紹介しようとおもいます。

 

 

 

失業保険について

失業保険とは、雇用保険から給付される基本手当です。失業中のひとが一定条件をみたすことで再就職するまでのあいだにもらえる給付金になります。

失業保険を受給するには以下の3つの要件をみたす必要があります。

  • 積極的な求職活動をしてること
  • いつでも仕事につける状態であること
  • まだ仕事についていないこと

 

失業保険をもらうまでのながれ

 

  • 離職したら必要な書類をそろえて、ハローワークで求職申し込みをする
  • 待機期間7日間(このあいだはアルバイトなどの活動はしてはならない)
  • 失業保険をうけるための説明会をうける
  • 認定されれば給付金がもらえる(自己都合で退職したひとは、待機満了の翌日からさらに3ヶ月給付制限があり、そのあいだ基本手当はもらえない)

 

手続きに必要なもの

  • 離職票1-2
  • 雇用保険被保険者証
  • 身分証
  • 写真2枚(たて3㎝×よこ2.5㎝の正面上半身のもの)
  • 本人名義の普通預金通帳
  • 印鑑
  • 求職申込書
  • 個人番号確認書類(マイナンバーカード、通知カード、個人番号の記載がある住民票のいずれか1種類)

 

 不正受給をすると

もし不正受給をしてしまうと、不正に受給した額に罰金(不正に受給した額の2倍)を足した額を返すことになります。いわゆる3倍返しとゆうやつです。

さらに不正受給した日の翌日から延滞金がかかったり、支払いをしないと財産の差し押さえ等がおこなわれる場合があります。

例えば以下の場合が不正受給にあたります。

  • 求職活動の実績がないにもかかわらず偽りの申告をした
  • 働いたことや収入をかくしたりして偽りの申告をした
  • 労災保険の休業給付や、健康保険の傷病手当などの支給をうけてること申告しなかった
  • 就職したことや、就職した日を偽って再就職手当の支給申請をした
  • 偽りの記載をした離職票を提出した(離職理由を含む)
  • 会社の役員などに就任したことを申告しなかった
  • 自営業をはじめたことを申告しなかった

 

 

失業保険を受給中にしても申告不要なこと

 

 1、不用品をフリマアプリで売る

家にある不用品を売ることは問題ないです。申告をする必要もありません。ただ、収入を得るために仕入れをしたり、ハンドメイドで売る場合は申告が必要になります。

仕入れをしてることや、ハンドメイドをしてることが労働にあたるみたいです。

 

 2、ブログや、アフェリエイト

ブログを書くことは問題ないです。アフェリエイトにつてはまだ明確な決まりはなく、正直グレーゾーンみたいです。私がきいたハローワークは大丈夫だったのですが、もしかすると別のハローワークによっては対応が違ってくるかもしれません。なのでアフェリエイトについてはハローワークに確認したほうがいいです。

 

 4、株式投資やFX

株式投資やFXなどは労働収入にならないため基本的に申告の必要はありません。ただ、大きな利益を得たり、投資で生計をたてている場合は違ってくるかもしれないのでハローワークに確認したほうがいいです。ちなみに、宝くじなども申告の必要はないです。

 

失業保険を受給中にやると申告すべきこと

 

 1、アルバイト

アルバイトをすることは問題ないのですが、申告はしないといけません。週20時間以上してしまうと就職したとみなされ、支給されなくなってしまうので注意が必要です。

申告は基本的に4時間以上の労働をしたか4時間以内の労働をしたかを申告します。

1日に4時間以上の労働をすると減額はされませんが、その日分の支給が先送りになり、失業給付金をもらえるのが遅れてしまいます。

4時間以内の労働だと収入金額によっては減額されたり、支給がされなくなってしまうのでアルバイトをするなら「1日4時間以上、週20時間未満」にするように気をつけましょう。

 

 2、内職や手伝い、ボランティア活動

内職や手伝い、ボランティア活動なども申告の対象になります。申告のしかたは4時間以上したか4時間以内したか、収入が発生したら収入額、収入のあった日付、何日分の収入かを申告します。

 

 3、せどり、物販

せどりなども活動したら申告しなければいけません。商品を仕入れた日、梱包や発送した日など活動したらその日と時間を申告しなければいけません。

収入にかんしては売り上げた日じゃなくお金が振り込まれた日を申告します。また、収入額は売上額じゃなく、そこから手数料や経費などを引いた金額を申告します。

せどりをしてる人は計算がめんどくさく間違う可能性があるのでハローワークのひとに相談しながら申告したほうが確実です。

 

 

申告のやりかた

申告のやりかたは基本的には4時間以上の活動をしたか、4時間以内の活動をしたかを申告します。

失業認定申告書に日付のカレンダーがあるので、そこに4時間以上の活動(アルバイト、内職、手伝いなど)をしたら○印を、4時間以内の活動(アルバイト、内職、手伝いなど)をしたら×印を記入します。

 

ただし、在宅の内職、ボランティア活動をした場合で1日の労働時間が4時間以上だったが、1日あたりの収入額が最低賃金日額(※)未満だった場合は×印を記入します。

(※)最低賃金日額は毎年8月1日に変更となる場合があるのでハローワークなどに確認しましょう。

 

収入にかんしては収入額、もらった日付、何日分の収入かを記入します。

 

せどりにかんしても活動した日が4時間以上なら○印、4時間以内なら×印をかきます。ただ、収入にかんしてはお金が振り込まれた日、収入額は売上から手数料や経費などをひいた金額を申告します。

計算がむずかしかったり、金額を間違う可能性があるのでハローワークのひとに相談しなが申告するほうが確実です。間違って申告すると不正受給とみなされて罰金をとられることになります。

 

 

 

おわりに

失業保険を受給中は収入が減ったり、無くなったりして困るとおもいます。なので少しでも収入がほしいかたは不正受給にならないように気をつけて正しくやりましょう。これをきっかけに副業や新しいことにチャレンジしてみるのもいいかもしれません。

 

最後まで見ていただきありがとうございました。