やましログ

日々の学びや、感じたことなどを発信していくブログです。

【瞬読式勉強法】を読んで学んだことー右脳を使ってイメージで覚えるー

f:id:hateyamakun:20211017105319j:plain

こんにちは、やましろうです。

 

「瞬読に興味がある」、「勉強の効率を上げたい」という方は、「瞬読式勉強法」を読むことで、その方法が分かります。

 

瞬読式勉強法で大切なことは、「右脳を使ってイメージで覚えること」です。右脳を使うことで、読書や勉強のスピードが上がり効果が高まります。

 

この本を読むことで次のことが分かります。

  • 瞬読のメリットや効果
  • 右脳を使ってイメージで覚える方法
  • 瞬読で速く、多く、深く読む方法

 

 

 

 

 

 

はじめに

f:id:hateyamakun:20211017105347j:plain

「瞬読式勉強法」を知り実践することで、今よりも読書のスピードや、勉強効率が上がります。

 

瞬読トレーニングをすることの効果は大きく分けて5つあります。

1、判断力が上がる

イメージすることを繰り返していくと、日常でもイメージする習慣がつき、判断力が豊かになります。

 

2、記憶力が上がる

右脳でイメージしたものを左脳で言葉にすることは、インプットとアウトプットに相当し、記憶力が高まります。

 

3、想像力が上がる

一瞬でだいたいの意味を把握する訓練をすると、速いスピードで処理できるようになり、想像力をかきたてます。

 

4、集中力が上がる

パッとみたときに情景まで頭の中で描けると、記憶は脳に定着しやすくなり、集中力がつきます。

 

5、瞬発力が上がる

限られた時間の中で解き方のパターンを考えることで、瞬発力や発想力がつきます。

 

この5つのトレーニングをすることで、右脳が活性化され、勉強や読書のスピードや効果が上がります。

 

 

瞬読で右脳の働きが覚醒する

f:id:hateyamakun:20211016192854j:plain

瞬読をするときに大切なことは「右脳を使ってイメージで覚えること」です。

言語よりもイメージで覚えたほうが、大量に長期保存できるそうです。

 

右脳を使ってイメージで記憶された情報は、普段は覚えていなくても、無意識に保存されていて、必要なときに引き出しやすくなります。

 

瞬読のトレーニングをすることで、右脳に働きかけ活性化することができます。

 

 

瞬読は速く、多く、深く読める

f:id:hateyamakun:20211016192923j:plain

瞬読式の読み方は、立ち止まらず、流れるように読み進めることです。

読んでる間は書いたり考えたりせず、スピードを意識して一気に読んでいきます。

 

そのために2つのコツがあります。

  1. かたまりごとに読む。
  2. イメージしながら読む。

 

文章をかたまりでとらえ、文字を頭の中でパッと組み合わせて、状況や光景をイメージします。

 

右脳を使ってイメージで覚えることができるようになると、記憶に残り、必要なときに思い出すことができるようになるそうです。

 

 

右脳でイメージして覚えたことを、左脳で言語化する

f:id:hateyamakun:20211016192951j:plain

インプットされた記憶を「使える記憶」にするためには書いてアウトプットすることが大切になります。

 

書くことで、イメージしたことを見える化することができ、深く記憶に残りやすくなります。

 

右脳でイメージしながら覚えたことを左脳で言語化することで、両方の脳がバランスよく働き、活性化します。

 

 

スピード感覚を手にし、時間効率を考える

f:id:hateyamakun:20211016193007j:plain

瞬読ができるようになると、読むスピードが上がり、時間効率や思考のスピードも上がります。

 

スピード感覚が上がることで、読書や勉強の効率や効果も上がり、自然と勉強もできるようになります。

 

 

まとめ

「瞬読式勉強法」で大切なことは、「右脳を使ってイメージで覚えること」です。

そして、イメージで覚えたことを言語化することで、記憶に深く残すことができます。

 

「瞬読式勉強法」では、トレーニング方法が例題や問題と一緒にあるので、トレーニングをしたい方や、もっと詳しく知りたい方一度読んでみることをオススメします。

 

最後まで見ていただき、ありがとうございました。

 

 

 

 

おすすめ関連記事

yamashirogu.com

yamashirogu.com