やましログ

日々の学びや、感じたことなどを発信していくブログです。

【東大読書】を読んで学んだこと

f:id:hateyamakun:20210902185959j:plain

こんにちは、やましろうです。

 

「東大読書」を読んで、自分の読書のやり方を見直すいいきっかけになりました。

 

この本では、東大生がやっている読書のやり方を知ることができ、「自分で考えて読む力」を身につけることができます。

 

この本を読むことで次のことが分かります。

  • 本を読む前にやること
  • 本の読み方
  • 本を読んだ後のまとめ方

 

 

 

 

 

 

はじめに

著者紹介

西岡 壱誠(にしおか いっせい)

東京大学3年生。1996年生まれ。

偏差値35から東大を目指すも、現役・一浪と、2年連続で不合格。

崖っぷちの状況で開発した「暗記術」「読書術」、そして「作文術」で偏差値70、東大模試で全国4位になり、東大合格を果たす。

東京大学で45年続く書評誌「ひろば」の編集長を務める。

講談社『モーニング』で連載中の『ドラゴン桜2』に情報を提供する東大生団体「東龍門」リーダー。

 

「東大読書」では、

  • 「仮説作り」
  • 「取材読み」
  • 「整理読み」
  • 「検証読み」
  • 「議論読み」

この5つのステップの流れで書かれています。

 

このステップをやりながら読むことで、東大生がしている読書術を身につけることができます。

 

 

東大読書を読んで学んだ3つのこと

f:id:hateyamakun:20210902190044j:plain

「東大読書」を読んで印象に残ったところは3つありました。

  1. 本を読みはじめる前の準備。
  2. 読者ではなく、記者になる。
  3. 整理読みをする。

 

どういうことか簡単に紹介したいと思います。

 

 

1、本を読みはじめる前の準備

f:id:hateyamakun:20210902190451j:plain

本を読む前に一手間加えることで、読書の効果が何倍にもなるそうです。

その一手間とは、

  • 本を読む前に「タイトル」、「本のカバーや帯の言葉」をきちんと読む。
  • 「仮説作り」をして、本から何を学ぶのか「目的」をはっきりとさせること。

この2つを本を読む前にすることで、読書効果を上げることができます。

 

  • 「タイトル」や「本のカバーや帯の言葉」からは、3つのコツでヒントを得ることができます。

1、タイトルを分ける

タイトルを分けて読んだり、考えたりすることで、より多くの情報を得ることができます。

 

2、つなげる

「タイトル」や「サブタイトル」の言葉などをつなげたりして考えることで、新しい情報を引き出します。

 

3、深読みする

カバーや帯の情報や、言葉を実際に調べたりして、さらに深い情報を得ます。

 

この3つのコツを意識して「タイトル」や「帯の言葉」を読むことで、読書をする前に多くの情報を得ることができ、読書効率も上がります。

 

 

  • 「仮説作り」は4つのステップで作ることができます。

1、「なぜ自分がその本を読むのかという目標」を付箋に書いてみる。

               

2、目次を見ながら、「1で設定した目標をどうやってその本で実現するのか」という道筋を考え、目標の下にまとめる。

               

3、「自分が現在どの立場にいるのか」という現状を考え、道筋の下にまとめる。

               

4、実際に読み進めてみて、「仮説と違うことが出たらそのたびに修正する。」

 

読書をする前に、仮説を立てて読んだりすることで、内容を予想しながら効率的に読むことができます。

 

 

2、読者ではなく、記者になる

f:id:hateyamakun:20210902190229j:plain

本を読むときに気をつけることは、「本は読まない」、「読者にはならない」ということです。

本をただ読んでしまうと、本の内容や読解力は身につかないそうです。

 

「記者」になったつもりで本を読むと、記憶も理解も深まります。

  • 「読者」は、ただ文字や文章を読むだけ。
  • 「記者」は、あいづちを打ったり、質問を考えたり、メモを取りながら読む。

 

「記者」の姿勢になって読書をすることで、記憶に残り、読解力も上がります。

 

 

3、整理読みをする

f:id:hateyamakun:20210902190247j:plain

本を読む上でいちばん気をつけることは、「わかった気になること」なんだそうです。

 

本当に理解できているかどうかは、短い言葉で伝えられるか、要約できるかどうかで決まります。

著者は、本を読んで、「一言で言い表せなければわかってないのと同じ」と言っています。

 

「整理読み」をすることで、情報を整理しながら本を読むことができ、要約力もつけることができます。

 

  • 「整理読み」とは、「著者の言いたいこと」と「それを補う文章」を切り分けることです。

「著者の言いたいこと」と「それを補う文章」を切り分けて読むことができると、情報を整理しながら読むことができ、要約もできるようになります。

 

 

まとめ

「東大読書」を読むことで、東大生の読書のやり方や、考え方を知ることができます。

 

この本を読んで、「本を読む前の準備」、「本の読み方」、「読んだ後のまとめ方」を知ることができます。

この方法を知ることで、今よりも読書の効率が上がり、理解も深まると思います。

 

最後まで見ていただき、ありがとうございました。

 

 

 

 

おすすめ関連記事

yamashirogu.com

yamashirogu.com