やましログ

日々の学びや、感じたことなどを発信していくブログです。

【東大思考】を読んで学んだこと

f:id:hateyamakun:20210830190205j:plain

こんにちは、やましろうです。

 

みなさんは、頭のいい人はなぜ頭がいいと思いますか?

 

「東大思考」を読んで、その謎を知ることができました。その謎とは頭のいい人は、普通の人と「思考回路」が違うということです。

 

「思考回路」とは難しいものではなく、誰でも「物の見方」「考え方」を変えるだけで身につけることができます。

 

この「思考回路」を知ることで勉強や仕事、プライベートにも活かすことができます。

 

 

この本を読むことで次のことがわかります。

  • 頭のいい人の理由
  • 頭のいい人の思考回路
  • 頭のいい人の物事の見方

 

 

 

 

 

 

はじめに

著者紹介

西岡 壱誠(にしおか いっせい)

東京大学3年生。1996年生まれ。

偏差値35から東大を目指すも、現役・一浪と、2年連続で不合格。

崖っぷちの状況で開発した「暗記術」「読書術」、そして「作文術」で偏差値70、東大模試で全国4位になり、東大合格を果たす。

東京大学で45年続く書評誌「ひろば」の編集長を務める。

講談社『モーニング』で連載中の『ドラゴン桜2』に情報を提供する東大生団体「東龍門」リーダー。

 

 

「東大思考」では頭のいい人の「物の見方」「考え方」が詳しく、具体的な例えと一緒に書いています。

 

この本では全部で「5つの思考回路」が解説されており、その中でもとくに印象に残ったところを紹介したいと思います。

 

 

「東大思考」を読んだ感想

f:id:hateyamakun:20210830190244j:plain

まず、東大生や頭のいい人は、普段の生活から「なぜ?」とあらゆることにアンテナを張っているので、日常生活のすべてのことから学ぶことができます。

 

物事について何か気になることがあると、その「原因」「関連したこと」から考えたり、調べたりするので、本質的に理解することができ、そのことが自然と記憶され知識として身についています。

 

そのなかでも、とくに大事なことは「本質思考」をするということです。

「本質思考」とは、「ミクロな視点」「マクロな視点」の両方の視点で物事を見て、考えることです。

  • 「ミクロな視点」とは、小さく細かいところを部分的に見ること。
  • 「マクロな視点」とは、大きく広い視野で全体的に見ることです。

 

この両方の視点を持つことで、あらゆる問題も解決することができるそうです。

 

なので、頭のいい人の思考を身につけるには、普段の生活から「なぜ?」とあらゆることにアンテナを張り、気になることがあれば、そのことについて「ミクロな視点」「マクロな視点」の両方で見て、考えることが大事なんだと思います。

 

 

東大思考を読んでやること3つ

 

f:id:hateyamakun:20210830190305j:plain

1、「原因探し」と「関連づけ」をする

何か気になることや、覚えたいことがあれば、その物事について「原因探し」をして、それを「関連づけ」して覚えようと思います。

 

そうすることで、自然と記憶にも残りやすくなるそうです。

 

 

2、物事の「前提」や「背景」から考える

何か学びたいことや、知りたいことがあれば、その物事についての背景から考えると、より「本質」を理解することができるそうです。

 

本や文章を読むときにも使えるので、今後そのことを意識して、本や文章を読もうと思います。

 

 

3、「ミクロな視点」と「マクロな視点」で考える

 

今後、何か問題が起きたときは、「ミクロな視点」「マクロな視点」の両方で物事を見て、考えようと思います。

 

そうすることで、「本質」に気づくことができ、問題も解決することができると思います。

 

 

おわりに

「東大思考」を読むことで、頭のいい人の「考え方」「物の見方」などを知ることができます。

 

とくに大事なことは、「ミクロな視点」「マクロな視点」の両方の視点で物事を見て、考えるということです。

そうすることで、「本質思考」を身につけることができ、仕事やプライベートにも活かすことができると思います。

 

最後まで見ていただき、ありがとうございました。

 

 

 

 

おすすめ関連記事

yamashirogu.com

yamashirogu.com