やましログ

日々の学びや、感じたことなどを発信していくブログです。

糖質制限をして失敗したこと

みなさんこんにちわ、やましろうです。

 

今日は私が糖質制限をやって失敗したことを紹介したいと思います。

これを見て糖質制限に興味がある人や、やろうと思ってる人の参考になれば嬉しいです。

 

まず糖質制限をやろと思ったきっかけは、その当時(今から4年ほど前)食後すぐ眠くなったり、日中身体がだるかったりする事がよくありました。

 

その時本屋で糖質制限の本を読んで、糖質を取りずぎると血糖値が急にあがり、それにより眠気ダルさなどが出るみたいな事が書いてありました。

 

なので糖質を減らし血糖値を急にあがらないようにする事により食後の眠気や、ダルさがなくなるのだとか。

 

それを見て糖質制限に興味をもち私もやってみようと思いました。

 

そこで初めたのはとにかく糖質とゆうものを減らせるだけ減らしました。

 

例えば

  • 朝は、ご飯おにぎり1個分、味噌汁、野菜、おかず(肉や魚など)

 

  • 昼は、朝と同じ感じ。

 

  • 夜は、ご飯は抜いて、味噌汁、野菜、おかず(肉や魚など)

 

それ以外だと、ミルクティーやココアは好きだったので1日2〜3杯ほど、〇〇バーのような糖質が少ないもの1日1〜2本ほど。

 

だいたい毎日こんな食生活を送っていました。

 

1〜2ヶ月ほどすると頭はボーっとするし、何か疲れやすいし、あと体重を測ると8キロほど痩せていてさすがにヤバイと思いました。(もともと55キロぐらいだったのが47キロぐらいになった)

 

それで結局3ヶ月もせずにやめました。

今思うとあそこでやめといて良かったと思います。

 

たぶんあのまま続けてたらフラフラになって倒れていたと思います。

 

そのあと1年位は、全然食べられなくなり、体重も戻りませんでした。

 

今では体重ももどり、普通に食べれるようになりました。

 

そこで糖質制限についていろいろ調べてみたら、糖尿病や肥満などの人にはいいけど普通の人や病気でも何でもない人がやるのは良くないみたいです。

 

ただ、いろんなやり方があり、少しだけとか、たまにだけとかならいいかもしれません。 がっつりやるのは良くないと思います。

 

たぶん私の時は、糖質もだけど食べる量も減らしすぎたのかもしれません。

 

私はその時に失敗したのでオススメはしません。

 

これを見て糖質制限に興味があったり、やろうと思ってる人の参考になれば嬉しいです。

 

最後まで見てくださりありがとうございました。