やましログ

日々の学びや、感じたことなどを発信していくブログです。

【伝え方が9割】を読んだ感想

f:id:hateyamakun:20210720171011j:plain

こんにちは、やましろうです。

 

「相手に話を伝えることが苦手」と思ってる方へ、「伝え方が9割」を読むことで、相手にうまく伝える方法がわかります。

 

「伝え方には技術があり、共通のルールがある」、「感動的なコトバはつくることができる」この方法を知ることで、今よりも相手に話を伝えることができます。

 

この本読むことで次のことがわかります。

  • 伝え方の技術
  • コトバのつくり方
  • 相手を動かすコトバ

 

 

 

 

 

 

大切だとわかっているのに、誰も鍛えていない「伝え方」

「伝え方」は鍛えることができ、学ぶことができます。それを知っている人は少ないです。

なので、伝え方の方法を知ることで、さまざまな場面でチャンスをつかむことができます。

 

心を動かすコトバには、「法則」があり、この法則を知ることで、心を動かすコトバをつくることができます。

 

コトバは思いつくのではなく、つくることができます。

 

 

イエスに変える3つのステップ

次の3つのステップを使うことで、相手から「イエス」をもらう可能性を上げることができます。

 

ステップ1

自分の頭の中をそのままコトバにしない

 

ステップ2

相手の頭の中を想像する

 

ステップ3

相手のメリットと一致するお願いをつくる

 

この3つのステップを意識することで、今までよりも相手に「イエス」といわせる可能性が上がります。

 

 

誰にでも、強いコトバはつくれる

「強いコトバ」とは、人の感情を動かすエネルギーのあるコトバです。強いコトバをつくるには5つの技術があります。

 

  • 強いコトバをつくる5つの技術

 ①サプライズ法

伝えるコトバに、驚きワードを入れる方法です。

サプライズ法をつくるには、

  • 伝えたいコトバを決める
  • 適したサプライズワードを入れる

サプライズワードとは「!」「そうだ」「ほら」などがあります。

 

サプライズワードは、相手の心を動かしたいときに効果があります。

 

 

②ギャップ法

言いたい意味に、反対のワードを入れてギャップを使います。

  • 最も伝えたいコトバを決める
  • 伝えたいコトバの正反対のワードを考え、前半に入れる
  • 前半と後半がつながるよう、自由にコトバを埋める

例えば、

「あなたが好き」→「嫌いになりたいのに、あなたが好き」

「私は味方です」→「誰もが敵になっても、私は味方です」

などがあります。

 

ギャップ法を使えば、相手を感動させるコトバをつくることができます。

 

 

③赤裸裸法

ふだんコトバにしないことを、あえて赤裸裸にコトバにします。

  • 最も伝えたいコトバを決める
  • 自分のカラダの反応を赤裸裸にコトバにする
  • 赤裸裸キーワードを、伝えたいコトバの前に入れる

例えば、

「素敵な夜でした」→「思い出しても顔が真っ赤になるくらい、素敵な夜でした。」

 

赤裸裸ワードを入れれば、生命力あふれるコトバに変わります。

 

 

④リピート法

相手の記憶にすりこみ、感情をのせたいときにつかいます。

  • 伝えたいコトバを決める
  • くり返す

 

リピートをすれば記憶に残し、感情をのせることができます。

 

 

⑤クライマックス法

強烈なメッセージを伝えたいときにつかいます。

  • いきなり「伝えたい話」をしない
  • クライマックスワードから始める

例えば、

「これだけは覚えておいてほしいのですが」

「ここだけの話ですが」

などがあります。

 

クライマックスをつくれば、切れかけた相手の集中スイッチを入れることができます。

 

この5つの方法を使うことで、「無限にコトバ」をつくることができます。

 

 

本当に人が動くとき、それは心が動いたとき

相手を動かす「伝え方」を知ってるかいないかで、人生が大きく変わります。

人の心を揺さぶるコトバを知り、仕事やプライベートで使うことにより、相手の反応が変わり、人生が変わります。

 

 

おわりに

「相手に話を伝えることが苦手」と思ってる方は、伝えかたの技術や、法則を知ることで、今よりも伝える力が上がります。

そうすることで、仕事やプライベートでも活かすことができ、人生も変わると思います。

 

最後まで見ていただき、ありがとうございました。

 

 

 

 

あわせて読みたい記事

yamashirogu.com

yamashirogu.com