やましログ

日々の学びや、感じたことなどを発信していくブログです。

【やり抜く人の9つの習慣】を読んで学んだことー目標に具体性を持つー

f:id:hateyamakun:20220103094517j:plain

こんにちは、やましろうです。

 

「なかなか新しいことが続かない」、「いつも途中でやめてしまう」という方は、「やり抜く人の9つの習慣」を読むことで、その悩みや問題は解決すると思います。

 

「やり抜く人の9つの習慣」を読んで、目標に具体性を持つこと、しっかりと計画を立てて実行することの大切さを知りました。

 

この本を読むことで次のことが分かります。

  • 目標に具体性を持つことの大切さ
  • 目標達成への行動計画の立て方
  • モチベーションを上げる方法

 

 

 

 

 

 

はじめに

f:id:hateyamakun:20220103094539j:plain

「やり抜く人の9つの習慣」では、成功したり、目標を達成できる人には共通点があり、それを「9つの習慣」として紹介しています。

 

「9つの習慣」とは難しいことではなく、意識や考え方を変えるだけですぐにできます。

 

この本では、成功とは、「正しい選択」、「正しい戦略」、「正しい行動」によって起こすことが出来ると言っています。

 

この9つの習慣を試してみることで、「今までよりも続けられる人」、「新しいことに挑戦できる人」になれると思います。

 

 

「やり抜く人の9つの習慣」を読んで学んだこと

f:id:hateyamakun:20220103094600j:plain

この本を読んで学んだこと、印象的だったことが3つありました。

  1. 目標に具体性を与える
  2. 目標達成への行動計画をつくる
  3. 目標までの距離を意識する

 

どういうことか簡単に紹介したいと思います。

 

 

1.目標に具体性を与える

f:id:hateyamakun:20220103094618j:plain

まず、「9つの習慣」で1番大切なことは、「目標に具体性を持つこと」だと思いました。

 

「いつまでに、何をするか」、「何をやるべきか」など具体的な目標を決めて、そのために必要な行動を決めることが、目標を達成をするためには1番大切だと感じました。

 

 

2,目標達成への行動計画をつくる

f:id:hateyamakun:20220102115237j:plain

「やり抜く人の9つの習慣」では、目標達成のためにやるべき行動を実行するためには、「いつ、何をやるか」を考えて、あらかじめ予定に入れておくことが大切だと言っています。

 

それと、行動を決めるときには「もしこうなったらこうする」ということも決めておくことで、予定通りにできなくても、別のやり方で行動に移すことができます。

 

 

3,目標までの距離を意識する

f:id:hateyamakun:20220102115103j:plain

目標達成のために、ただがむしゃらに行動するのではなく、自分がどれだけ進歩したか(フィードバック)を確認しながら進めることで、モチベーションを保ちながら行動することができます。

 

目標までの距離に目を向けるときは、「あと、どれだけやらなければいけないのか」に視点を向けて考えることで、目標達成までモチベーションを維持することができます。

 

 

新しことに挑戦する心の持ち方

f:id:hateyamakun:20220102115030j:plain

新しいことに挑戦するときや、目標を決めるときには、「今、何ができるのか」ではなく、「これから、何ができるようになりたいか」と考えるといいそうです。

 

目標は、「自分を成長させるためにある」と考えて行動することで、途中でやめることなく目標達成まで続けることができます。

 

 

おわりに

「やり抜く人の9つの習慣」を読んで、1番大事だと思うことは、「目標に具体性を持つこと」だと思いました。

 

最初に「目標」や「目的」を具体的に決めることで、そのあとの行動計画も立てやすくなり、続けていくことができると思います。

 

なので、「まずは目標や目的を具体的に決めること」が大事だと思いました。

 

最後まで見ていただき、ありがとうございました。

 

 

 

 

おすすめ関連記事

yamashirogu.com

yamashirogu.com